キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃の仕事について : 特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃の仕事について

特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃よくばり情報館メインimage
特殊清掃とは、専門知識のある人が孤独死の現場や自殺現場、ゴミ屋敷などの原状回復をすることです。消臭除菌や汚染箇所の撤去などを行います。
特殊清掃の仕事について

特殊清掃という清掃業者があるのをご存知でしょうか?

清掃業者といえば、すぐにイメージできるかもしれませんが、特殊とつくと、一体どんな清掃なのかと思いますよね。

特殊清掃というのは一般の清掃器具や洗剤では清掃することのできない汚れ除去や消臭作業をする業者のことで、特掃とも呼ばれます。

一般的にどの様な現場になるのかといえば、孤独死で遺体の発見が遅れた現場、ヒートショックなど事故で亡くなられた現場、自殺のあった部屋、ゴミが捨てられず溜っている部屋などです。

こういった部屋では死臭や異臭はもちろん細菌やウィルスがいる可能性があるので除菌なども必要であり、血液や体液で汚れた床や壁の清掃、ハエやウジといった害虫の駆除などを特殊な清掃器具や洗剤にて行います。

特殊清掃の仕事を請け負っているのは、ネットで検索してもわかりますが、特殊清掃業者になります。

遺品整理業者のサービスの一貫となっている業者もありますが、遺品整理の作業とは内容も専門性や必要な知識は異なり、決して遺品整理に含まれるものではありません。

この特殊清掃をするためには、特別な資格は必要がありませんが、高度な専門知識が必要なことから、防除作業監督者、臭気判定士、1級葬祭ディレクター、医療環境管理士などの資格者が適正であります。

その他、ある団体が講座などを開いて特殊清掃の知識を学んで資格を取得する事件現場特殊清掃士という資格もあります。

特殊清掃というのは、とても目を向けられない様な悲惨な状況の現場も多いのですが、家族や大家などが立ち入ることはあまりにもハードなことであり、誰かがその場所を清掃する仕事を担わなくてはなりません。

高齢化の進む日本において、孤独死は増える可能性も多く、特殊清掃の仕事ができるだけのスキルは求められていく傾向にあるでしょう。

実際の特殊清掃では、まずは消臭除菌作業をし、部屋にある菌と臭いを素早く消臭消毒していきます。

その後、清掃と汚染場所の撤去、更に消臭除菌作業をして終了となります。

特殊清掃の仕事というのは、孤独死の現場であっても、ゴミ屋敷の現場であっても、本人とそのご近所の人を助けることができ、原状回復させることで、未来の社会貢献に繋がる仕事でもあります。

特殊清掃の仕事に就く人は必要な知識を正しく身につけて、経験を積んでいくことが重要ですが、実際の作業においては周囲への配慮と自分自身を守りながらすることも重要です。