キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃の作業料金について : 特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃の作業料金について

特殊清掃よくばり情報館

特殊清掃よくばり情報館メインimage
特殊清掃では、消臭消毒一万円、オゾン脱臭器機の消臭除菌三万円、床上の清掃と撤去三万円程度からとなっています。
特殊清掃の作業料金について

特殊清掃というのは普通の清掃とは異なり、孤独死による死臭や腐敗臭の強い臭いの消臭や、腐敗やカビ、害虫、ウィルスの除菌などをする清掃になります。

専門的な知識と技術の必要な特殊清掃サービスなのですが、実際に依頼するとなった場合、その作業料金はどれくらいかかるのでしょうか?

特殊清掃の場合、まだ新しい業界であり業者も少ないことから明確な費用設定というものがあまりありません。

ただし、最近ではホームページを運営している業者も増えていることから、依頼主がそれぞれの業者の料金設定を簡単に比較できる様になっているので、ある程度は安定してきているといっていいでしょう。

特殊清掃の現場は、細菌やウィルスなど感染予防のための消毒、汚染箇所の清掃と撤去、害虫の駆除と清掃、オゾン脱臭器機による脱臭除菌が必要となり、そこに人件費と備品代などがかかってきます。

優良な特殊清掃業者の料金設定を参考にしてみると、薬剤を用いた消臭消毒一万円から、オゾン脱臭器機による消臭除菌三万円から、床上の汚れの清掃と撤去三万円からとなっています。

セット価格にしている業者などもありますし、また広さや部屋の状況によって料金が上下する場合もあります。

風呂場などの清掃の場合は更に五万円以上の料金がかかります。

その他、床下まで傷んでしまっている様な場合、壁紙を通して壁が汚れてしまっている場合などはリフォームの必要もあり、その場合は更に料金がかかります。

特殊清掃を依頼する場合、気をつけるべきことは、見積もり料金を出してもらって、その後に請求される料金にやたらと上乗せされない様にすることです。

信頼できる業者であれば、現場をチェックして細かい見積りを出してくれるので、追加料金が発生することはあまりありません。

複数の業者に同じ見積りを出してもらえば、料金の比較ができるので、細かい内容までしっかり確認しましょう。

特殊清掃の場合、特殊な器械を使用するために、最低限必要な料金というものがあります。

高額請求も困りますが、やたらと格安料金になっている見積りも適正な清掃がされない可能性もあり、その場合は改めて別の業者を依頼する必要が出てくるので注意しましょう。

特殊清掃業者といっても、専門的な知識も技術もない悪質な業者もいるので、依頼する場合は、これまでの実績があるか、評判、有資格者がいるかなどをチェックして選ぶと良いでしょう。